事業用電気通信設備規則第34条

(通話品質)
 第三十四条  事業用電気通信設備電気通信回線設備に限る。次条第三号及び第四号において同じ。)に端末規則第二条第二項第三号 に規定するアナログ電話端末であつて、総務大臣が別に告示する送話ラウドネス定格及び受話ラウドネス定格に適合するもの(以下この条、第三十五条の十一、第三十五条の十八第一項及び第三十五条の十九の二第一項において「アナログ電話端末」という。)を接続した場合の通話品質は、アナログ電話端末端末回線に接続される交換設備との間の送話ラウドネス定格は一五デシベル以下であり、かつ、受話ラウドネス定格は六デシベル以下でなければならない。

2  ラウドネス定格の算出は、総務大臣が別に告示する方法によるものとする。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新