国家試験の一部免除 (Partial Omission of National Examination) †

一 科目合格者
(1)特殊無線技士及びアマチュア無線技士の資格を除く資格の国家試験において合格点を得た試験科目(電気通信術を除く)のある者が当該試験科目の試験の行われた月の翌月の初めから起算して3年以内に実施される当該資格の国家試験を受ける場合は、申請により、当該合格点を得た試験科目の試験は免除される(無線従事者規則第6条第1項)。
(2)電気通信術の科目に合格点を得た者は、その試験の行われた月の翌月の初めから3年以内に当該資格又は他の資格の一定の国家試験を受けるときは、その電気通信術の試験は免除される(無線従事者規則第6条第2項)。
二 認定学校等の卒業者
(1)総務大臣の認定を受けた学校教育法に規定する学校その他の教育施設を卒業した者が、当該学校等卒業の日から3年以内に実施される国家試験を受ける場合は、総務大臣が別に告示するところにより、申請によって、無線工学の基礎、電気通信術及び英語の試験のうちその一部又は全部が免除される(無線従事者規則第7条)。
三 一定の資格を有する者
(1)一定の無線従事者の資格を有するものが他の資格の国家試験を受ける場合は、申請により、別に定める区別に従って、国家試験の一部が免除される(無線従事者規則第8条第1項)。
(2)一定の無線従事者の資格を有し、かつ所定の業務経歴を有する者が国家試験を受ける場合は、申請により、別に定める区別に従って、国家試験の一部が免除される(無線従事者規則第8条第2項)。
(3)電気通信事業法上(電気通信事業法第46条第3項)の資格で、電気通信主任技術者資格者証又は工事担任者資格者証の交付を受けている者が国家試験を受ける場合は、申請により、別に定める区別に従って、国家試験の一部が免除される(無線従事者規則第8条第3項)。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新