地域電気通信業務 (Regional Telecommunications Business Activities)

 「地域電気通信業務」とは、同一の都道府県の区域内における通信を他の電気通信事業者の設備を介することなく媒介することのできる電気通信設備を設置して行う電気通信業務をいう。ただし、令和2年に電気通信事業法及び電気通信事業法がそれぞれ改正され、電話の役務をあまねく目的業務区域において適切、公平かつ安定的に提供することを確保するために必要があると認められる場合として、①電話の提供がきわめて不経済となる場合、②災害時等において通信手段を確保するため応急的に電話を提供する場合が総務省令(日本電信電話株式会社等に関する法律施行規則(昭和60年郵政省令第23号))で定められ、総務大臣の認可を受けたときは、この限りでない。
NTT法第2条第3項第1号、同条第5項、電気通信事業法第7条電気通信事業法第41条第3項、電気通信事業法施行規則第14条事業用電気通信設備規則第3条第2項第4号の3)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新