航海情報記録装置(VDR:Voyage Data Recorder)

 航海情報記録装置は、海難事故原因の探求のために、航海中における人為的過誤による海難の原因の調査と、今後における海難防止対策の目的で、操船に係わるデータ及び船内情報を記録する装置である。
 2000年12月に開催されたIMOMSC73において、次の船舶が指示された期日までにVDRを搭載することが義務付けられた。
① 2002年7月1日以降に建造される旅客船は即適用。
② 2002年7月1日以前に建造されたRo-Ro旅客船は、2002年7月1日以降の最初の検査の日までに。
③ 2002年7月1日以前に建造されたRo-Ro旅客船以外の旅客船は2004年1月1日までに。
④ 2002年7月1日以降に建造される3,000トン以上の旅客船以外の船舶には即適用。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新