電気通信事業法施行規則第57条

(業務の停止等の報告)
 第五十七条  法第二十八条 の規定による報告をしようとする者は、報告を要する事由が発生した後(通信の秘密の漏えいに係るものにあつては、それを知つた後)速やかにその発生日時及び場所、概要、理由又は原因、措置模様その他参考となる事項について適当な方法により報告するとともに、その詳細について次の表の上欄に掲げる報告の事由の区分に応じ、それぞれ同表の中欄に掲げる様式により同表の下欄に掲げる報告期限までに報告書を提出しなければならない。

報告の事由様式報告期限
一 法第八条第二項の規定による電気通信業務の一部の停止様式第五十法第八条第二項の規定により電気通信業務の一部を停止した日から三十日以内
二 通信の秘密の漏えい様式第五十の二電気通信業務に関し通信の秘密の漏えいを知つた日から三十日以内
三 第五十八条で定める重大な事故様式第五十の三その重大な事故が発生した日から三十日以内
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新