電波法第54条

第五十四条  無線局を運用する場合においては、空中線電力は、次の各号の定めるところによらなければならない。ただし、遭難通信については、この限りでない。
一  免許状等に記載されたものの範囲内であること。
二  通信を行うため必要最小のものであること。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新