電波法第92条の5

(異議申立人又は参加人の審問)
第九十二条の五  審理官は、異議申立人、参加人若しくは指定職員の申立てにより又は職権で、異議申立人又は参加人を審問することができる。この場合においては、第九十二条の二後段の規定を準用する。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新