*GMDSS(Global Maritime Distress and Safety Sytem:全世界海上遭難安全システム) [#r624f4e7]
SOLAS条約により1992年2月から効力が発生し、1999年1月31日までに全世界的に導入されることとなった。使用周波数、運用手続きなどは、ITUの無線通信規則により定められている。この制度における遭難通信、緊急通信及び安全通信は、VHF帯、MF帯及びHF帯の電波による地上無線通信並びにインマルサット衛星を利用する宇宙無線通信による自動化された通信技術を用い、全世界の海域からの船舶と直接陸上の捜索救助機関との間で行うことができる。船舶には、航行する海域に応じて、その海域で使用可能な陸上との通信設備のほか遭難警報を送信するための設備、海上安全情報を受信するための設備等を備えることになっている。
→義務船舶局(電波法第13条、電波法無線設備規則第38条)、遭難通信(電波法第52条)、安全通信(電波法第52条)、遭難警報
トップ   一覧 単語検索 最終更新