*電気通信事業法施行規則第63条 [#tcfa1303]
(意見聴取会)
 第六十三条  意見聴取会は、総務大臣の指名する職員が議長として主宰する。

2  議長は、必要があると認めるときは、関係行政庁の職員、学識経験者その他参考人に対し、意見聴取会に出席を求めることができる。

3  利害関係人又はその代理人として意見聴取会に出席しようとする者は、文書をもつて、当該事案について利害関係のあることを疎明しなければならない。

4  意見聴取会においては、最初に異議申立人若しくは審査請求人又はこれらの代理人に[[異議申立て]]又は審査請求の要旨及び理由を陳述させなければならない。

5  意見聴取会においては、異議申立人若しくは審査請求人又はこれらの代理人が出席しないときは、議長は[[異議申立て]]又は審査請求の朗読をもつてその陳述に代えることができる。

6  異議申立人若しくは審査請求人、これらの利害関係人又はこれらの代理人は、意見聴取会において証拠を提示し、又は意見を述べることができる。

7  議長は、議事を整理するため必要があると認めるときは、陳述又は証拠の提示を制限することができる。

8  議長は、意見聴取会の秩序を維持するため必要があると認めるときは、その秩序を妨げ、又は不穏な言動をする者を退去させることができる。

9  議長は、必要があると認めるときは、意見聴取会を延期し、又は続行することができる。

10  議長は、前項の規定により意見聴取会を延期し、又は続行する場合は、次回の意見聴取会の期日及び場所を定め、これを公告し、異議申立人若しくは審査請求人又はこれらの代理人にこれを通知しなければならない。
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新