モールス通信練習用CD(2枚組) 一・二・三総通用

商品コード:
MFT
販売価格(税込):
3,740

CD-ROM
ISBN978-4-8076-0549-1


トールケース CD2枚 Disk1:約58分/Disk2:約60分

 本CDは、第一級、第二級及び第三級総合無線通信士の国家試験を受験される方々のために、電信による電気通信術の受信練習用として作られたものです。収録内容には、和文、欧文普通語、欧文暗語の電報形式によるモールス電信が、それぞれ無線従事者規則第5条に定められた速度で録音されております。


 電気通信術の試験の方法については、総務省告示「電気通信術の方法」(告示第721号.H2.12.3 最終改正H17.10.1第615号)により定められています。したがって、試験に際しては、この方法によって送信を行うこととなります。もし、この試験方法によらないで送信を行った場合は、減点の対象となる場合があります。
モールス電信
(1) 電気通信術の試験は、無線局運用規則別表第1号のモールス符号を使用し、あらかじめ備付けの装置を操作することにより行うものとする。ただし、受験者が持参した電鍵であって、指定試験機関が適当と認めるものを使用する場合は、この限りではない。

(2) 試験内容は、以下の通りに行うものとする。

 一総通、二総通の場合は、1分間75字の速度の和文、1分間80字の速度の欧文暗語及び1分間100字の速度の欧文普通語によるそれぞれ約5分間の手送り送信及び音響受信。
 三総通の場合は、1分間70字の速度の和文、1分間80字の速度の欧文暗語及び1分間100字の速度の欧文普通語によるそれぞれ約3分間の手送り送信及び音響受信。
 国内電信陸特の場合は、1分間75字の速度の和文による3分間の手送り送信及び音響受信。
(3) 試験は、次の事項を順次送信して行うものとする。
◆和文電報形式による場合(一総通、二総通、三総通、又は国内電信陸特の場合)
 ・・・・ ・-・  ・・・・ ・-・
 ・-・-・-
 種類(あるときに限る。)
 字数
 発信局(発信局を番号で表すときは、「ハツ」を前置するものとする。)
 発信番号(発信局を番号で表すときは、「タナ」を前置するものとする。)
 受付時刻(時と分を・-・-・-によって区分するとともに数字を略体により送信するものとする。)
 -・・-・・(特別取扱のあるときに限る。)
 特別取扱(あるときに限る。)
 ・・-・・-(局内心得のあるときに限る。)
 局内心得(あるときに限る。)
 ・-・-・-
 名あて
 -・・---
 本文(60字を超えるときは、60字目ごとの字の次に送信する・・--・・の次ぎに約5秒の間隔を置くものとする。)
 ・・・-・


◆欧文電報形式による場合(一総通、二総通又は三総通の場合)
 ・・・・ ・-・  ・・・・ ・-・
 発信番号(「NR」を前置するものとする。)
 種類(あるときに限る。)
 発信局
 語数
 受付日(あるときに限る。)
 受付時刻(一総通、二総通の場合“24時間制”、三総通の場合“M及びSを使用する12時間制”とする。)
 特記事項(あるときに限る。)
 -・・・-
 名あて
 -・・・-
 本文
 -・・・-(署名のあるときに限る。)
 署名(あるときに限る。)
 ・-・-・
【収録内容】
Disk 1:第一級総合無線通信士、第二級総合無線通信士(国内電信級陸上特殊無線技士:和文のみ)

 ●和文(電報形式)
 ●欧文普通語(電報形式)
 ●欧文暗語(電報形式)

Disk 2:第三級総合無線通信士

 ●和文(電報形式)
 ●欧文普通語(電報形式)
 ●欧文暗語(電報形式)  
*電報形式は、発信受信局や時刻などが入った実際の通信で行われている電報と同じ形式です。  
 ●モールス符号表
e-ラーニング 一陸技 国家試験対策講座

検索条件

商品カテゴリ
商品名を入力
追録差し替え(加除)サービスのご案内
図書目録のダウンロードはこちらへ
電波受験界ページはこちらへ
情報通信法令wikiはこちらへ
法令関係NEWS 電波法令集をご利用頂いている皆様へ