試し読み 改訂発行

一陸特 無線工学 完全マスター

商品コード:
トマ
販売価格(税込):
3,080
試し読みする

A5判 332頁
ISBN978-4-8076-0798-3

平成28年4月 初版発行

吉村 和昭 著

 特殊無線技士の中でも第一級陸上特殊無線技士(一陸特)は操作範囲も広く人気のある実用的な資格です。一陸特の国家試験に課されるのは「無線工学」と「法規」の2 科目です。出題される問題は無線工学が24問題、法規が12問題で、合格点を獲得するには無線工学が15問以上、法規が8 問以上の正解が必要で、試験の合格率は概ね25~30パーセント程度です。
 本書は、一陸特の無線工学の出題範囲である「多重通信の概念」「基礎理論」「変復調」「無線送受信機」「中継方式」「レーダ」「アンテナ」「電波伝搬」「電源」「測定」分野について、「電波受験界」で連載した26回分の記事を補正、追加して再構成したものです。一陸特の試験問題は各分野から平均的に出題される傾向にあります。 

本書は本文中に何題か練習問題を挿入してありますが、特に練習問題の頁を設けていません。  

本書が皆様の一陸特国家試験科目の「無線工学」を理解する手助けになれば幸いです。

目次
まえがき
第一級陸上特殊無線技士について
第1章 多重通信の概念
第2章 基礎理論
  2.1.1 オームの法則
2.1.2 抵抗の直列接続
2.1.3 抵抗の並列接続
2.1.4 抵抗の直並列接続
2.1.5 キルヒホッフの法則
2.1.6 ブリッジ回路
2.1.7 直流回路における電力
2.1.8 取り出すことのできる最大電力
2.2 交流回路
2.2.1 交流電源
2.2.2 正弦波交流
2.2.3 交流における平均値と実効値
2.2.4 各種受動回路素子
2.2.5 電流、電圧の記号的表現
2.2.6 インピーダンスとリアクタンス
2.2.7 交流回路における電力
2.2.8 共振回路
2.3 フィルタ
2.3.1 電圧伝送特性とフィルタ
2.3.2 いろいろなフィルタ
2.4 抵抗減衰器
2.4.1 T型抵抗減衰器
2.4.2 π型抵抗減衰器
2.5 デシベル(dB)
2.5.1 指数関数
2.5.2 対数関数
2.5.3 デシベルの定義
2.6 半導体及び半導体素子と回路
2.6.1 半導体
2.6.2 ダイオード
2.6.3 トランジスタ
2.6.4 電界効果トランジスタ
2.7 電子管
2.7.1 マグネトロン
2.7.2 クライストロン
2.7.3 進行波管(TWT:Traveling Wave Tube)
2.8 電子回路
2.8.1 オペアンプ
2.8.2 負帰還増幅器
2.8.3 発振器
2.8.4 デジタル回路
第3章 変調と復調
  3.1 変調の種類
3.2 アナログ変調
3.2.1 振幅変調(AM)
3.2.2 搬送波抑圧単側帯波振幅変調(SSB)
3.2.3 周波数変調(FM)
3.3 デジタル変調
3.3.1 各種デジタル変調方式
3.3.2 PSK
3.3.3 QPSK
3.3.4 16QAM
3.4 アナログ復調
3.4.1 AM 復調器(DSB 波)
3.4.2 FM 復
第4章 無線送受信機、雑音
  4.1 無線送信機
4.1.1 FM 送信機
4.2 無線受信機
4.2.1 FM 受信機
4.3 エンファシス
4.4 雑音
4.4.1 熱雑音
4.4.2 雑音指数
4.4.3 等価雑音温度
4.4.4 2段増幅器の雑音
第5章 多重通信方式
  5.1 周波数分割多重(FDM)
5.2 時分割多重(TDM)
5.2.1 PCM
5.2.2 PCM の多重化
5.2.3 TDM の同期
5.3 符号分割多重(CDM)
5.3.1 スペクトル拡散(SS)
5.3.2 直接拡散(DS:Direct Sequence)
5.3.3 周波数ホッピング(FH:Frequency Hopping)
5.3.4 CDM
5.3.5 CDMA と遠近問題
5.4 直交周波数分割多重(OFDM)
5.4.1 周波数の直交関係
5.4.2 マルチパスに強いOFDM
5.4.3 OFDM の変調と復調
5.5 誤り制御方式と誤り訂正
5.5.1 FEC
5.5.2 ARQ
第6章 衛星通信
  6.1 人工衛星
6.1.1 人工衛星の軌道
6.1.2 静止衛星の高度と位置
6.1.3 静止衛星の配置とアンテナの仰角
6.2 衛星通信の特徴
6.3 衛星通信で使用される周波数
6.4 衛星通信の多元接続
6.5 VSAT システム
第7章 中継方式
  7.1 ヘテロダイン中継方式
7.2 検波(再生)中継方式
7.3 直接中継方式
7.4 無給電中継方式
7.5 2周波中継方式
第8章 レーダ
  8.1 パルスレーダ
8.1.1 レーダ方程式
8.1.2 最大探知距離
8.1.3 最小探知距離
8.1.4 距離分解能
8.1.5 方位分解能
8.1.6 レーダの表示形式
8.2 CW レーダ
8.2.1 ドップラー効果
8.2.2 ドップラーレーダ
8.3 レーダ特有の電子回路
8.3.1 STC 回路
8.3.2 FTC 回路
8.3.3 IAGC 回路
8.4 FM-CW レーダ
8.5 気象用レーダ
第9章 電 源
  9.1 整流回路
9.1.1 変圧器
9.1.2 半波整流回路
9.1.3 全波整流回路
9.1.4 平滑回路
9.2 電池と蓄電池
9.2.1 乾電池
9.2.2 鉛蓄電池
9.2.3 ニッケルカドミウム蓄電池
9.2.4 ニッケル水素蓄電池
9.2.5 リチウムイオン蓄電池
9.3 電力の変換
9.3.1 インバータ
9.3.2 サイリスタ
9.4 無停電電源装置
9.4.1 常時インバータ給電方式
9.4.2 常時商用給電方式
第10章 電波と電磁波
  10.1 電波
10.1.1 電波の速度
10.1.2 電波の周波数と波長
10.1.3 電波の周波数と波長による名称と用途
10.1.4 縦波と横波
10.1.5 電界と偏波面
第11章 アンテナ
  11.1 アンテナの特性
11.1.1 入力インピーダンス
11.1.2 指向性
11.1.3 利得
11.2 半波長ダイポールアンテナ
11.2.1 半波長ダイポールアンテナの入力インピーダンス
11.2.2 半波長ダイポールアンテナの指向特性
11.2.3 半波長ダイポールアンテナの実効長
11.3 1/4 波長垂直接地アンテナ
11.3.1 1/4 波長垂直接地アンテナの入力抵抗
11.3.2 1/4 波長垂直接地アンテナの指向特性
11.3.3 1/4 波長垂直接地アンテナの実効高
11.4 実際のアンテナ
11.4.1 各周波数帯で使用されるアンテナ
11.4.2 中波放送用垂直アンテナ
11.4.3 スリーブアンテナ
11.4.4 コリニアアンテナ
11.4.5 ブラウンアンテナ
11.4.6 グランドプレーンアンテナ
11.4.7 八木・宇田アンテナ
11.4.8 コーナレフレクタアンテナ
11.4.9 対数周期アンテナ
11.4.10 開口面アンテナ
11.4.11 パラボラアンテナ
11.4.12 オフセットパラボラアンテナ
11.4.13 カセグレンアンテナ
11.4.14 グレゴリアンアンテナ
11.4.15 ホーンレフレクタアンテナ
11.4.16 スロットアレーアンテナ
11.4.17 ホーンアンテナ(電磁ホーン)
第12章 伝送線路
 

12.1 給電線
12.1.1 分布定数回路
12.1.2 平行2線式線路
12.1.3 同軸ケーブル
12.2 給電線と整合
12.2.1 最大出力を取り出す条件
12.2.2 同軸ケーブルのインピーダンスとアンテナのインピーダンス(放射抵抗)の整合
12.3 導波管
12.3.1 方形導波管
12.3.2 導波管内を伝搬する電波のモード
12.3.3 分岐回路
12.3.4 円形導波管

第13章 電波伝搬
  13.1 地球の気層分布と名称
13.2 電波の伝わり方の種類
13.2.1 地上波伝搬
13.2.2 対流圏伝搬
13.2.3 電離層伝搬
13.3 各周波数帯の電波伝搬の特徴
13.3.1 長波(LF)の伝搬
13.3.2 中波(MF)の伝搬
13.3.3 短波(HF)の電波伝搬
13.3.4 超短波(VHF)の電波伝搬
13.3.5 極超短波(UHF)の電波伝搬
13.3.6 マイクロ波(SHF)の電波伝搬
13.3.7 準ミリ波(EHF)の電波伝搬
13.4 自由空間における電界強度
13.4.1 等方性アンテナによる自由空間における電界強度
13.4.2 半波長ダイポールアンテナによる自由空間における電界強度
13.5 自由空間伝搬損失
13.6 平面大地上の電波伝搬
13.6.1 平面大地上の電界強度
13.6.2 電界強度の高さによる変化
13.7 球面大地上の電波伝搬
13.8 電波の屈折
13.8.1 媒質中の電波の速度
13.8.2 電波の屈折
13.8.3 スネルの法則
13.9 可視距離と電波可視距離
13.9.1 可視距離
13.9.2 電波可視距離
13.10 不均一大気中の電波伝搬
13.10.1 修正屈折示数(指数)
13.10.2 M 曲線とラジオダクト
13.10.3 ラジオダクトによる電波伝搬
13.11 電波の回折
13.11.1 ナイフエッジによる電波の回折
13.11.2 ホイヘンスの原理
13.11.3 フレネルゾーン
13.12 電波の散乱
13.13 フェージング
13.13.1 干渉フェージング
13.13.2 吸収フェージング
13.13.3 跳躍フェージング
13.13.4 偏波フェージング
13.13.5 選択フェージング
13.14 対流圏で起こるフェージング
13.14.1 K 形フェージング
13.14.2 ダクト形フェージング
13.14.3 シンチレーションフェージング
13.15 フェージングの軽減法
13.15.1 スペース(空間)ダイバーシティ
13.15.2 ルートダイバーシティ
13.15.3 周波数ダイバーシティ
13.15.4 偏波ダイバーシティ
13.15.5 角度ダイバーシティ
13.16 デリンジャ現象と電離層嵐
13.16.1 デリンジャ現象
13.16.2 電離層嵐
13.17 電波雑音
13.17.1 大気雑音
13.17.2 宇宙雑音
13.17.3 太陽雑音
13.17.4 人工雑音
第14章 測定
  14.1 分流器(電流計の測定範囲の拡大)
14.2 倍率器(電圧計の測定範囲の拡大)
14.3 指示電気計器
14.3.1 可動コイル形電流計の原理
14.4 テスタ
14.4.1 テスタの電流測定の原理
14.4.2 テスタの電圧測定の原理
14.4.3 テスタの抵抗測定の原理
14.4.4 デジタルテスタ
14.5 デジタルマルチメータ
14.6 周波数カウンタ(計数形)
14.7 マイクロ波電力の測定
14.7.1 ボロメータ
14.7.2 サーミスタによる電力測定
14.7.3 カロリーメータ形電力計
14.8 マイクロ波の電圧定在波比の測定
14.8.1 方向性結合器
14.8.2 方向性結合器による電圧定在波比の測定
14.8.3 マジックT 回路による定在波比の測定
14.9 標準信号発生器
14.9.1 アナログ式標準信号発生器
14.9.2 シンセサイズド標準信号発生器
14.10 オシロスコープ
14.10.1 アナログオシロスコープ
14.10.2 デジタルオシロスコープ
14.10.3 画面の読み方
14.11 スペクトルアナライザ
14.12 ビット誤り率(BER)の測定
14.12.1 送受信装置が同一場所にある場合のBERの測定
14.12.2 送受信装置が離れた場所にある場合のBERの測定
14.13 アイパターン
14.13.1 アイパターン測定器
14.13.2 クロスポイントが示すパルス幅
14.14 増幅器の利得の測定
14.14.1 増幅器の電圧利得の測定
14.14.2 増幅器の電力利得の測定
14.15 アンテナ利得の測定
付 録
  ギリシャ文字
図記号表
参考文献
索引
e-ラーニング 一陸技 国家試験対策講座

検索条件

商品カテゴリ
商品名を入力
追録差し替え(加除)サービスのご案内
図書目録のダウンロードはこちらへ
電波受験会ページはこちらへ
情報通信法令wikiはこちらへ
法令関係NEWS 電波法令集をご利用頂いている皆様へ
一陸特 直前講習会のお知らせ