試し読み 改訂発行

実用デジタル無線技術

商品コード:
シテ
販売価格(税込):
2,640
試し読みする

A5判 300頁
ISBN978-4-8076-0690-0


平成24年4月 初版発行

著者:津田 良雄

デジタル無線技術を初歩から学びたい人のための入門書。
国家試験には、1陸特から2陸技まで対応。
現場に役立つ知識と技術。

電波を媒体として利用する通信や放送において、デジタル技術は非常に重要な役割を担っている。デジタル信号を電波に乗せるときに必要となるのが変調であり、受信された電波より情報を取り出すときに必要となるのが復調である。変調と復調には各種の方式があり、それらの長所を有効に利用し、欠点を補う手法を適切に用いることで、高品質の伝送が提供されている。
 ハイビジョン映像のような情報量の多いデジタル信号を高速伝送する際には、周波数の有効利用と伝送品質を両立させる技術が必要となる。移動体通信では、受信電界強度が激しく変動するために伝送品質を確保するための技術が必要である。
 デジタル信号の伝送品質は、電波が大地や建物などで反射されて複数の伝搬路(マルチパス)を経て受信点に到達する遅延波によって大きく劣化する。しかし、携帯電話では、送受信アンテナが見通せない電波環境下やマルチパス環境下においても、ユーザーの要求を満たす技術が求められている。地上デジタルテレビ放送や一部の携帯電話(LTE : Long Term Evolution)さらに WiMAX(world interoperability for microwave access)には、遅延波に強い OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing : 周波数直交分割多重)が適用されている。
 デジタル無線を取り扱う場合は、変復調や無線機器だけではなく、アンテナ及び電波伝搬などの技術も必要不可欠であり、さらに、アクセス方式や誤り訂正制御技術も重要である。
 本書では、デジタル無線技術を初歩から学ぶ方、第1級陸上特殊無線技士、第2級陸上無線技術士、第2級総合無線通信士、電気通信主任技術者の資格取得を目指す方の参考書として利用できるよう配慮している。 さらに、筆者の長年の現場経験から、実用技術を解説し、職場でも活用できる内容としている。
 この書を有効に利用され、無線通信や放送の分野で活躍され、無線技術の発展に貢献されることを希望する。
-2012年3月著者「まえがき」より 

目次
第1章 デジタル伝送の基礎
  1.1 デジタル伝送の特徴

1.2 ベースバンド信号
1.3 デジタル信号の送受信システム
1.4 符号間干渉とナイキストフィルタ
第2章 デジタル変復調
  2.1 デジタル変調の種類
2.2 変調方式とビット誤り率
2.3 ASK(振幅シフト変調)
2.4 PSK(位相シフト変調)
2.4.1 BPSK
2.4.2 QPSK
2.5 APSK(振幅位相偏移変調)
2.6 QAM(直交振幅変調)
2.6.1 16QAM
2.6.2 32QAM
2.6.3 64QAM
2.6.4 信号点間距離
2.7 FSK 系(周波数シフト変調)
2.7.1 原理
2.7.2 MSK
2.7.3 GMSK
第3章 デジタル無線通信と誤り制御技術
  3.1 デジタル無線通信システム
3.1.1 基本システム
3.1.2 動作の概要
3.2 誤り制御技術
3.2.1 誤りの種類
3.2.2 誤り検出
3.2.3 ARQ の方式
3.2.4 FEC 方式
3.2.5 インターリーブとデインターリーブ
3.2.6 スクランブル
第4章 多元接続方式
  4.1 多元接続方式の種類
4.2 FDMA 方式
4.3 TDMA 方式
4.4 CDMA 方式
4.5 OFDMA 方式
4.6 ランダムアクセス方式
4.6.1 純アロハとスロット付アロハ方式
4.6.2 CSMA
4.7 ノンコンテンション方式
4.7.1 予約方式
4.7.2 ポーリング方式
第5章 無線従事者
  5.1 高速伝送とマルチパス伝搬
5.2 遅延プロファイル
5.3 耐マルチパス技術
5.4 OFDM の原理
5.5 OFDM の生成
5.6 ガードインターバル
第6章 スペクトル拡散方式
  6.1 スペクトル拡散の特徴
6.2 直接スペクトル拡散方式(DS)
6.2.1 動作の概要
6.2.2 狭帯域干渉波に対する耐性
6.2.3 スペクトル拡散と逆拡散
6.3 周波数ホッピング方式(FH)
第7章 CDMA 方式携帯電話装置
  7.1 基本構成
7.2 基本動作
7.3 基地局装置
7.3.1 基本構成
7.3.2 動作の概要
7.3.3 屋外受信増幅装置
7.3.4 アンテナ
7.4 携帯端末
7.4.1 基本構成
7.4.2 動作の概要
7.5 CDMA の重要技術
7.5.1 送信電力制御(TPC)
7.5.2 RAKE 受信
7.6 ダイバーシチ技術
7.7 ハンドオーバ
7.8 携帯電話端末の位置情報
第8章 TDMA方式移動体通信用送受信装置
  8.1 TDMA-FD
8.2 基地局装置
8.2.1 基本構成
8.2.2 動作の概要
8.3 移動局装置
8.3.1 基本構成
8.3.2 動作の概要
第9章 PCM 方式
  9.1 パルスと変調
9.1.1 パルス波形
9.1.2 パルス変調
9.2 PCM 通信方式の原理
9.2.1 標本化(sampling)
9.2.2 量子化(quantization)
9.2.3 符号化(coding)
9.2.4 復号器(D/A 変換器)
9.2.5 ローパスフィルタ
9.3 PCM の特徴
9.4 高能率符号化 PCM
9.5 PCM 多重方式
9.6 PCM 端局装置
9.6.1 動作の概要
9.6.2 多重化と同期
9.7 マイクロ波 PCM 送受信装置
9.7.1 基本構成
9.7.2 動作の概要
第10章 送受信装置の要素技術
  10.1 相互変調ひずみ
10.1.1 発生メカニズム
10.1.2 3 次相互変調ひずみ(IM3)
10.1.3 2 次相互変調ひずみ(IM2)
10.1.4 受信機での RF AGC による IMD 対策
10.1.5 受信機の IMD 改善策
10.1.6 送信機の IMD 改善策
10.1.7 そのほかの IMD 改善策
10.2 混変調
10.2.1 解析
10.2.2 対策
10.3 高調波ひずみ(振幅ひずみ)
10.4 位相ひずみ
10.5 感度抑圧効果
10.6 レシプロカルミクシング
10.7 雑音
10.7.1 概要
10.7.2 熱雑音
10.7.3 雑音指数
10.7.4 等価雑音温度
10.7.5 縦続接続における雑音指数
10.7.6 受信機の入力端換算雑音電力
第11章 中継方式
  11.1 中継方式の種類
11.2 中継装置の条件
11.3 ヘテロダイン中継方式
11.3.1 概要
11.3.2 特徴
11.4 検波(再生)中継方式
11.4.1 概要
11.4.2 特徴
11.4.3 動作の概要
11.4.4 ジッタ
11.5 無給電中継方式
11.5.1 概要
11.5.2 特徴
11.5.3 反射損失の低減方法
11.6 直接中継方式
11.6.1 概要
11.6.2 特徴
11.7 遠隔監視制御装置
11.7.1 概要
11.7.2 監視(モニタ)項目
11.7.3 監視情報の取得方式
11.7.4 遠隔制御
11.7.5 制御信号
第12章 衛星通信装置
  12.1 静止衛星
12.2 周回衛星
12.3 衛星通信の特徴
12.4 基本構成
12.5 周波数帯
12.6 地球局の装置
12.6.1 基本構成
12.6.2 動作の概要
12.7 衛星局
12.8 衛星食
12.9 VSAT システム
12.9.1 構成
12.9.2 VSAT 制御地球局(親局)
12.9.3 VSAT 地球局(子局)
第13章 電源装置
  13.1 無線通信施設用電源装置の概要
13.2 直流電源装置
13.2.1 概要
13.2.2 変圧器
13.2.3 整流回路
13.2.4 平滑回路
13.2.5 安定化回路
13.3 電圧変動率
13.4 電池(バッテリ)
13.4.1 鉛蓄電池(鉛バッテリ)
13.4.2 シール鉛蓄電池(メンテナンスフリーバッテリ)
13.4.3 アルカリ電池
13.4.4 リチウムイオン電池
13.4.5 電池の容量と時間率
13.5 浮動充電方式(フローティング方式)電源
13.6 スタティックインバータ(DC-AC コンバータ)
13.7 DC-DC コンバータ
13.8 UPS(無停電電源装置)
13.9 CVCF(定電圧定周波電源)
13.10 高周波スイッチング型整流器
第14章 アンテナ
  14.1 アンテナと電波
14.1.1 電波の伝わり方
14.1.2 水平偏波と垂直偏波
14.1.3 電波の基本性質
14.1.4 波長と周波数
14.2 アンテナの基礎理論
14.2.1 アンテナと共振
14.2.2 アンテナの等価回路
14.2.3 延長コイルと短縮コンデンサ
14.2.4 接地方法
14.2.5 指向性
14.2.6 アンテナの利得
14.2.7 給電点インピーダンス
14.2.8 短縮率
14.2.9 実効長(実効高)
14.2.10 実効面積
14.3 実用アンテナ
14.3.1 LF/MF 用アンテナ
14.3.2 HF 帯用アンテナ
14.3.3 VHF/UHF 帯用アンテナ
14.3.4 SHF 帯用アンテナ
第15章 給電路(給電線)と整合
  15.1 基礎理論
15.1.1 分布定数回路
15.1.2 最大電力伝送の条件
15.1.3 給電線に求められる条件
15.2 定在波
15.3 反射係数
15.4 定在波比(SWR)
15.5 同軸ケーブル
15.5.1 構造
15.5.2 特性インピーダンス
15.5.3 特徴
15.5.4 取扱い上の注意点
15.6 平行2線式ケーブル
15.6.1 構造
15.6.2 特性インピーダンス
15.6.3 特徴
15.6.4 取扱い上の注意点
15.7 導波管
15.7.1 構造
15.7.2 伝送モード
15.7.3 遮断周波数と波長
15.7.4 群速度と位相速度
15.7.5 特徴
15.8 整合
15.8.1 概要
15.8.2 インピーダンス整合
15.9 平衡・不平衡の変換
15.9.1 概要
15.9.2 シュペルトップ
15.9.3 同軸による U バラン
第16章 電波伝搬
  16.1 電波伝搬の基礎
16.1.1 電波の伝搬速度
16.1.2 電波の基本的性質
16.1.3 真空の固有インピーダンス
16.1.4 電波により運ばれるエネルギー
16.1.5 等方性アンテナによる電力密度と電界強度
16.1.6 電界強度と受信機入力端電圧
16.1.7 自由空間基本伝搬損失
16.1.8 市街地での受信電力
16.2 電波伝搬の分類
16.2.1 概要
16.2.2 地上波
16.2.3 対流圏波
16.2.4 電離層波
16.3 周波数帯別の伝搬特性
16.3.1 概要
16.3.2 中波(MF)帯の電波の伝わり方
16.3.3 HF 帯の電波の伝わり方
16.3.4 VHF/UHF 帯の電波の伝わり方
16.3.5 SHF 帯の電波の伝わり方
16.4 衛星通信における電波伝搬
16.5 2波モデルによる VHF/UHF 帯電波の電波伝搬
16.5.1 電界強度
16.5.2 伝搬特性
16.5.3 特徴
16.6 遅延波による影響
16.6.1 マルチパス波
16.6.2 移動体通信でのマルチパス
16.7 フェージング
16.8 周波数帯域と受信レベル変動
16.9 等化回路
第17章 電波雑音
  17.1 外来雑音
17.1.1 連続性雑音と衝撃性雑音
17.1.2 到達経路
17.1.3 自然雑音
17.1.4 人工雑音
索 引
参考文献
e-ラーニング 一陸技 国家試験対策講座

検索条件

商品カテゴリ
商品名を入力
追録差し替え(加除)サービスのご案内
図書目録のダウンロードはこちらへ
電波受験会ページはこちらへ
情報通信法令wikiはこちらへ
法令関係NEWS 電波法令集をご利用頂いている皆様へ
一陸特 直前講習会のお知らせ